心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  携帯・スマホ >  敵の敵は味方?書店と電子書籍の打倒アマゾン連合『ジャパゾン』結成

敵の敵は味方?書店と電子書籍の打倒アマゾン連合『ジャパゾン』結成

    このエントリーをはてなブックマークに追加


本日の誰得ニュース


書店で電子書籍販売へ 来春から13社、アマゾンに対抗|Yahoo!ニュース


紀伊国屋書店など国内の書店や楽天、ソニーなどの電子書店、日販、トーハンなど取次業者の計13社が、書店での電子書籍販売に乗り出す。書店だけで買える人気作家の電子書籍を用意する構想もあり、業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。



どうやら書店で電子書籍を購入できるサービスを展開するらしい。

大手書店と電子書籍取扱業者13社が連合し、業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。



嫉妬乙!




で終わる所だが、寂しいのでもう少し書いておこう。


とにかくネーミングセンスがひどいw


通販書店のポストアマゾン『楽天ブックス』であり、電子書店『楽天kobo』のシェア拡大も狙う楽天に取っては
一挙両得の戦略だなw





そんなサービスで大丈夫か?


ことあるごとに通販、電子書籍を敵視する書店と協力するのは英断ではあると思う。共通の敵amazon(Kindle)あってこそか。

肝心のサービスはまだ不明な点は多いが…

『書店の店頭に電子書籍の作品カードを並べ、店頭で決済。購入した人は、その作品カードに書いてある番号をもとに電子書籍をダウンロードする仕組み』

コンビニのDVDやレンタルビデオ店のような感じか。イメージは湧きやすいね。


…で、何か意味あんの?



何故電子書籍をわざわざ書店のレジを介して買う必要があるのか?

早々意味がわからない。

なんだこれ?




『ジャパゾン』が狙うは『電子書籍デビュー乗り遅れ組』



すでに電子書籍ユーザーは対象外です。勝手にアマゾンでもキンドルでも買いやがってください。

『ジャパゾン』のターゲットは電子書籍未体験ユーザーではないだろうか。

「電子書籍に興味はあるがダウンロードの仕方がわからない。」「電子書籍って難しそう…な」ユーザー狙い。

あと、現金で買えるメリットも有るか。クレジット決済が出来ない(嫌いな)人にも便利かもな。(アマゾンカードのツッコミはなしの方向で…)


ぼくのかんがえた最強のジャパゾン

・大規模PR展開。CMやコラボなど。

・電子書籍リーダー(タブレット端末)もキャンペーン展開する。

・書店には説明要員を配置してPRや初心者へのケアを行う。

・本屋で電子書籍を買ったほうが割引なら従来のユーザーの客足も増える可能性もある。


かつてADSL、ヤフーBBが実店舗での営業でシェアを伸ばしたように、大規模に展開すればあるいは囲い込み出来るかもしれない。


ただ一つ言えることは、中途半端にやったら書店が痛い目見るだけだろうな。

1.「ダウンロードできない!」客の対応に追われる。

2.見向きされない。店舗スペースの占有、コストだけかかる。

二者択一な気がする。いや両方か。




一番いいのを頼む。


日本の電子書籍がアマゾン(キンドル)に勝てない根本的な理由はサービスの質。

品揃え、端末縛り等互換問題、DRM問題、でも値段は同じとか勝てる要素がなさすぎる。

情弱向け商売と言われても仕方ないレベル。

結局は規格統一(互換性、DRM制限を緩めるなど)した上、サービス向上するしか道はない気がするが……いつ足並み揃うのだろうな。



今後のサービス向上に期待したい。


Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon (2013-10-22)
売り上げランキング: 2


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL