心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  携帯・スマホ >  『Simeji(しめじ)』と『Baidu IME』入力情報の送信問題について

『Simeji(しめじ)』と『Baidu IME』入力情報の送信問題について

    このエントリーをはてなブックマークに追加


先日記事

【注意】人気スマホアプリ『Simeji(しめじ)』入力情報を無断送信していることが発覚!


取り上げたが、その後の進展事項を書いておく。




問題の日本語入力ソフト
(アプリ)『Simeji(しめじ)』と『Baidu IME』

Androidスマートフォン用日本語文字入力アプリ『Simeji(しめじ)』での入力情報がクラウドサーバー上に無断送信されていることがが発覚し、問題となる。

また、同社が提供している日本語入力ソフト『BaiduIME』についても、初期インストール時『クラウド変換』がディフォルトでON設定になっていた。
そのため、知らずに入力情報がバイドゥ株式会社のクラウド辞書サーバーに送信されているケースがあると注意喚起のニュースが飛び交った。


これを受けてバイドゥ株式会社は自社プレスリリースページにて2度見解を発表。

一部の報道に対する弊社の見解|バイドゥ株式会社

一連の報道に対する弊社の見解|バイドゥ株式会社


『Simeji(しめじ)』の送信問題はアプリのバグだったとし、『Simeji(しめじ)』はバグ修正版をリリースした。

『BaiduIME』についてはユーザーが同意文に承諾しているので問題ないとしながらも、『BaiduIME』(と『Simeji』)の初期インストール時の『クラウド変換』と『ログ情報送信』設定をOFFに変更している。



結論

外部送信をよしとしない人は・・・

『Simeji』既存ユーザーはアプリを最新バージョンに更新する。

『Simeji』『BaiduIME』の『クラウド変換』と『ログ情報送信』設定を確認し、ONになっていたらOFFにしましょう。

『Simeji』『BaiduIME』を新規にインストールする人は初期設定でOFFとなっているが念のため設定を確認しよう。

使用しないならアンインストールする。


以上。




クラウド変換って結局なに?


入力情報をバイドゥ株式会社のクラウド辞書サーバーに送り、精度の高い文字変換を提供する。

要するにグーグル検索の先読み候補検索『インスタント検索』に似たシステム。

ただ入力ソフトという性質上、メールのやりとりや社内情報、個人情報など入力したものが外部に送信されてしまう。


やはりあまり気持の良いものでないよな・・・

どんなに厳重に管理しようとも外部に送信されていることには変わりなく、通信傍受やサーバー窃盗、内部犯の漏洩リスクは0ではない。
特に社外秘情報や機密情報を取り扱う企業の仕事用PC、政府機関は万が一のことを考えて使うべきではないだろうな

(まあ、個人使用においては、あまり神経質になるのもどうかとは思う。)




そもそもクラウド変換機能は便利なのか?という疑問が残る・・・

今度試してみよう。



おわり


情報漏洩 9割はあなたのうっかりミス―今日からはじめる防衛術
中田 亨
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 467,077


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL