心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  アニメ・マンガ >  『キルラキルは学園ノイズのパクリ騒動』相方の作者がパクリ疑惑を全否定

『キルラキルは学園ノイズのパクリ騒動』相方の作者がパクリ疑惑を全否定

    このエントリーをはてなブックマークに追加


巷で噂の『キルラキル』ですが|江戸っ子、ランスからぼんじゅーる!

オオシマヒロユキ氏がブログ上にてアニメ『キルラキル』は漫画『学園ノイズ』をパクっていると怒りを露わにする記事を掲載した。

ネット上で似てる・似てないで話題を呼び、現在記事には読みきれないほどコメントが寄せられ炎上の様相。

『学園ノイズ』とは約10年前にオオシマヒロユキ氏・猪原大介氏の書いた漫画作品。

現在JコミにてWEBで無料配信中。

学園ノイズ|Jコミ




『学園ノイズ』全4巻読んでみた


全巻読んでみた。無料だし。
学園バトルモノと監獄モノのハイブリットな感じ。
直近で言うと『デッドマンワンダーランド』思い出した。

設定は確かにこだわりが見られて面白い。
ただ、せっかくの舞台設定が活かし切れてない感があったのと、絵柄が荒削りすぎて残念かな。
自由がテーマだと思うが、ちょっと説教臭さが鼻がついたかも…

キルラキルとの類似点
・主人公の入学理由
・鬼龍院皐月似のキャラデザイン
・生徒会制服
・町並み
・監獄のような学園
・最初の戦いがボクシング


しかしキルラキルと似ている・・・?
いや、ぜんぜん違うわこれ・・・
似ている点もよく見ると全然違うし・・・
読めば読むほど全く違ってワロタ・・・
作者さん多分まともに見てないんだろうなぁ・・・
多分キルラキル1話、2話くらいしか見てないんだろう・・・
気のせい以外の何物でもないよ・・・
もはや言いがかりだな・・・


作者にとって自分の書いた作品は思い入れあるのだろう。
オマージュだらけのキルラキルに誤解する要素も無くはない…
(キルラキルは炎の転校生のパクリ論争もあったなー…)


でも、ここまで思い込みが激しく、声高らかに表明する作家さんも珍しいな。
橋本紡先生とヤマカン氏だけかと思ってた。


それにしても罵倒具合は目に余る。もはや直視できないレベル。

まったくもってツギハギのチープな作品が今そこそこの評価を得ているのです。
それはあたかも新興宗教が統一性もイデオロギーもなく他の宗教からの設定のパクリ
流用ででっち上げのツギハギ教典を作り上げ、知識の少ない人々をだまし
ツギハギを作ったご本人さまが教祖としてまつり上がられているかのような有様です。


・・・・

作者自身いろいろな作品に触発された部分はあるだろうに…何故そこまでこき下ろすことができるのだろうか?

頭冷やせとしか言いようがない。

…罵倒を罵倒で返すのはしたくないしこれ以上は控える。


作者曰く

我々は『学園ノイズ』という作品のテーマに沿って作り上げた設定、練り上げた設定が
テーマもなにもなくただのオプション的おもしろ要素の一つとして流用されている
という点です。
『学園ノイズ』の舞台設定、キャラクター設定ではテーマにそって、作品として意味のある物として使われていた小道具。
それがまるで遊園地のアトラクションのごとく意味も無くただムヤミにそこかしこに配置されている。
これが我慢なりません。
悩み、苦しみ、考えぬいた末の配置を
意味も無く餅巻きの餅の様に適当に作品内にぶちまけられている、
これは実に屈辱的ですらあります。


キルラキル1話時点では確かに『学園バトル物あるある』のオンパレードだった。
でもそれもキルラキルの演出で回が進むごとに違った世界観が判明していく仕掛け。

つまりブーメラン・・・!

そもそも…ってグダグダ書いている間に『学園ノイズ』もう一人の作者、猪原大介氏がコメントを出した。




もう一人の作者『猪原大介』氏がパクリを全否定



誕生日早々、何かが燃えています。まったくもう。|賽の目記ポータル

まあ、『キルラキル』は『学園ノイズ』のパクリ……のわけないじゃないですか。
当然そこに『悪徒-ACT-』が絡んだとしてもですよ。

よくある設定?
ええ、作品づくりで参考にしたマンガがどうやら同じですし。
好きな作品を読んで、こういうのを書きたい。それが被れば似通うのも当然のことでしょう。
なので『学園ノイズ』『悪徒-ACT-』と『キルラキル』。設定が被るのは大いにあり得る。
でも作品を読めば、設定や物語、キャラの構図が類似点が見つかるものの、ストーリーはまるで違うのはおわかりでしょう?

それはパクリとは言いません。

パクリとは絵をトレースしたり、ストーリー展開が丸かぶりすることです。

まあ俺自身は『キルラキル』は3話の最終回(w)を見て満足したのでそこから見てませんけども、だいぶ今また違う話になってるんじゃないですか?『グレンラガン』とかの展開から考えるに。

それに設定自体には著作権的なもの無いんで、もしそれが完全に被ったとしても、俺らは訴える立場にないし、逆にそんなこと許されるのなら俺ら雁屋哲先生と池上遼一先生(『男組』)、ヒロモト森一先生(『要塞学園』)に訴えられちゃうよ!www


ばっさりパクリ全否定!

全く正論すぎワロタw


(もう言うことなくなった…w)

合作のようだけどほぼこの人がとりましたのかな?

オマージュらリスペクトの話はぐう正論。
学園バトル物って言うジャンル
(以外でもそうだけど)
ある種の文法が綺麗にハマって成立する気持ちよさってあるよねって改めて思った。

それが分かってるこの人の『悪徒-ACT-』って作品も読みたいとも思った!


『学園ノイズ』もこの騒動がなければ読むことはなかったと思うし、結果的に興味深い作品が読めて個人的には結果オーライ。

氏のエントリでこっちのソウルジェムも濁りかけたけど、華麗なフォローエントリが的確すぎて綺麗さっぱり癒やされた。(炎上も鎮火するだろう)


猪原大介先生、ありがとう。

オオシマヒロユキ氏、お大事に。



おわり




    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL