心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  芸能 >  『交響曲第1番HIROSHIMA』の当初の名前は『現代典礼』広島や原爆とは全く関係ないオーケストラ作品

『交響曲第1番HIROSHIMA』の当初の名前は『現代典礼』広島や原爆とは全く関係ないオーケストラ作品

   [ 2014年02月07日 15:00 ] カテゴリ:芸能 | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


先日記事
聴覚障害の作曲家 佐村河内守氏 ゴーストライターに作曲させ発表作品と偽装していたことが発覚
続報となります。

昨日『佐村河内守』氏のゴーストライター『新垣隆』氏が記者会見を行った。


ニコニコ生放送『佐村河内守氏作曲問題 ゴーストライター 新垣隆氏 記者会見』も同時に行われた。

・佐村河内守氏耳が聞こえていた。苦悩の姿も演技
・『交響曲第1番HIROSHIMA』作曲の経緯は広島関係ない
・佐村河内守氏に作曲能力はほぼ無い

等など
衝撃的な内容が判明。




新垣隆氏記者会見 受け答えまとめ


記者の質問と
新垣隆氏の受け答え(要約・意訳有り)

・聴覚障害について

佐村河内守氏は18年前から耳は聞こえていたと思う。
録音を聞いてコメントするなども普通に行っていた。聴覚障害ではないと思う。

世間に耳が聞こえないと言うスタンスを取リ始めた頃(18年前)耳が悪い態度を示していた。
しかしやりとりしていくうちに戻っていった。
そして普通になった。


・佐村河内守氏は他にも杖や手に包帯等していたが他に障害はあるのか?

分からない。(杖や手に包帯等)していた時もあった。なかった時もあった。


・耳が聴こえているという事実はどの範囲の人が知っていたのか?

佐村河内守氏と会うのは作曲の打ち合わせのみで一対一での対話。周囲の状況はわからない。


・佐村河内守氏の障害者手帳は見た事があるか?

18年前くらいに見せられた事がある。等級はわからない。


・作曲報酬は受け取っていたのか?金額は?

ゴーストライターとして佐村河内守氏から作曲報酬を受け取っていた。
作曲を納品した時点で報酬を受け取り、その後曲の扱いは(新垣隆氏は)関与しないというスタンス。

18年間20曲以上作曲し全報酬で700万円前後
 

・印税は?

印税は受け取っていない。
話し合いも一切行っていない。ジャスラックなどの権利の話も
一切関知していない。


・報酬金額に不満は?金銭面トラブルは?

曲(譜面)を渡した時点で自分の手から離れているという認識。
報酬額に不満はなく、トラブルもなかった。


・作曲の流れについて

佐村河内守氏が書いた図案(模様)を受け取って、イメージを口頭で聞いて、または作曲依頼主のオーダーを伝えられて等。

『ピアノの鎮魂曲』の場合は断片の譜面を録音し、録音を彼が聞いて選んだ譜面の中から構成し作曲した。


・佐村河内守氏は譜面は読めるのか?ピアノを弾けるのか?

佐村河内守氏は譜面を読めない。
ピアノも初歩的な技術しか無い。


・『交響曲第1番HIROSHIMA作曲の経緯について


『交響曲第1番HIROSHIMA』は当初オーケストラ作品『現代典礼』と言う曲名だった。

ゲーム音楽(
『鬼武者』のゲーム中音楽、交響組曲「ライジング・サン」 )がゲームユーザーから評価を受けた際、佐村河内守氏から『CD1枚に収まるオーケストラの作品を作りたい、1年で作ってほしい』とオーダーされた。

事情がわからないが作成した曲は発表されなかった。

数年後に『交響曲第1番HIROSHIMA』として発表された時は大変驚いた。


・芥川作曲賞応募について

応募について知らなかった。知った時は戸惑った。


・NHKドキュメンタリー番組での佐村河内守の苦悩は演技だったのか?

苦悩の姿は演技だと思っている。


・作曲について『共作』という認識はあったのか?

佐村河内守がある種のプロデューサーの立場で(新垣隆氏は)ゴーストライターに徹する思いだった。

佐村河内守の関わりの中作った曲なので、すべての作品において合同作品だと思う。同時にすべての作品は自分(新垣隆氏)の出来る限りの力の範囲で作ったものであり大事なものである。


・佐村河内守代理弁護人から表に出づらい状況と発表されていたが?

そんなことはない。あくまでゴーストライターと言う役割と言う認識だった。


・新垣隆氏の今後の身の処し方

できることなら音楽活動を続けていきたい。




まとめ


90分以上の記者からの質疑応答。受け答えする新垣隆氏はかなり誠実な印象を受けた。
同じ内容を言葉を変えて繰り返し質問されたり、失礼な質問にも丁重に答えていたのが特に印象的。

内容は佐村河内守の今までの評価をほぼ全否定する衝撃的な暴露で、ゴーストライターとしての立場上、自ら暴露する葛藤は大きかったと思う。

・『佐村河内守神話』に加担していたことの重大さ。
・ゴーストライターを自ら暴露すると言う禁じ手。

この2点は相反する問題で、新垣隆氏にも非はあれど情状酌量の余地も十分ある気がする。

新垣隆氏も場合によっては業界から干される可能性もあるが、せっかく表に出たのだから個人的には頑張って欲しいな。

佐村河内守氏は…生㌔としか言えない…自殺だけはやめて欲しい。


おわり


↓ゴーストライター問題の関連記事もどうぞ。佐村河内守氏の代理弁護士からの先制発表です↓

聴覚障害の作曲家 佐村河内守氏 ゴーストライターに作曲させ発表作品と偽装していたことが発覚


鬼武者
鬼武者
posted with amazlet at 14.02.07
ゲーム・ミュージック 佐村河内守
セルピュータ (2001-01-11)
売り上げランキング: 3,231

    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL