心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  芸能 >  佐村河内守氏が自筆の謝罪文を公開。ゴーストライター騒動私的まとめ

佐村河内守氏が自筆の謝罪文を公開。ゴーストライター騒動私的まとめ

   [ 2014年02月12日 19:59 ] カテゴリ:芸能 | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


佐村河内守氏、新垣隆氏ゴーストライター問題


新垣隆氏の暴露会見後初めて佐村河内守氏側からのリアクションが!!

佐村河内守氏の自筆による謝罪文が発表、全文掲載された。


佐村河内守さんの謝罪文(全文)|朝日新聞

お詫び

今まで私の起こしたことについて深く謝罪したいと思いペンをとりました。
そして、すぐに説明が出来なくて申し訳ありませんでした。
弁護士さんにも本当のことが言えなくて、決断するのに時間がかかってしまったのです。
また、私のせいで、多くの方々に大変な迷惑をかけてしまったことも心からお詫びしたいと思っています。
私 のCDを買った方々、応援して下さった方々、音楽関係の方々、私の噓によって番組を作った方々、本やインタビュー記事を出して下さった方々、大切な本番の 直前に騒動に巻き込んでしまった高橋大輔選手、被爆者の人たち、被災者の人たち、障害者の人たち、広島市の関係者、友人、家族等、本当に多くの人たちを裏 切り、傷つけてしまったことを、心から深くお詫びいたします。

全文


『もうこれ以上、噓に噓を重ねるのはやめると決めました。』

『ですので、今日は、ここに書いていることは、天地神明に誓って真実です。』


謝罪文もゴーストライターが書いてるのかと思うと面白くて仕方がない



うまい謝罪文の書き方(天地神明佐村河内守流)


全面的に謝罪しつつ危ない所は明確に弁明。
これはうまい謝罪文。謝罪マニュアルとして配るべき。

・特に耳の部分は秀逸

実は最近になって、前よりは、少し耳が聞こえるようになっています。
三年前くらいから、耳元で、はっきり、ゆっくりしゃべってもらうと、こもってゆがむ感じはありますが言葉が聞き取れる時もあるまでに回復していました。
但し、それはかなり体調に左右されるので、体調が悪い時は耳元ではっきりゆっくり話してもらっても聞き取れないこともあります。』


凄い葉に衣を着せた表現だなw

新垣隆氏の「耳が聞こえないと感じたことはない」の意見を真っ向否定。

聴力は目に見えないものなので精密診断しないと証明できない。新垣隆氏の証言も客観的意見過ぎないか。それに今精密検査したとして3年前(過去)の様態を正確に証明することはできないからなー。うまい回避。

佐村河内守氏の社会的に致命的な罪は聴覚障害の詐称、障害者手帳不正受給。
現在少しでも障害があるなら大逆転?かもしれない。(逆に診断で全く異常がなかったら…)

佐村河内守氏には早く精密検査を受けてもらって白黒はっきりさせて欲しい。



・ゴーストライター問題についても秀逸

『私がやってきたことは売名行為と見られても仕方のないことです。
私自身、そういう気持ちが一方にあったことはまちがいありません。
しかし、ある時期からは被爆者や震災の被災者の人たち、障害を持った人たちの助けになればという気持ちもまちがいなくありました。
もちろん、今となってはそのような事を言っても信じてもらえないかもしれませんが、心の中には、いくつもの思いがあったことも確かなのです。』


作曲偽装や数々のパフォーマンス行為の所業を「売名行為」一言で済ましてしまう所が秀逸
よく読むと万引きで捕まった人の泣き落としな言い訳っぽく聞こえるなw



・楽曲の今後についても秀逸

『弁護士さんにはじめにお願いしたことなのですが、私が新垣さんに作ってもらった楽曲は、私のことさえなければ、きっと後世に残るはずのものですし、今はこの楽曲が生かされ、少しでも周りの方々の被害が少なくなるようにしてもらいたいと思います。』


ただし、具体的にどうするかは言わない!
新垣氏は会見で「著作権を放棄したい」とまで言ったのとは対照的。



・謝罪会見予告も秀逸

『最後になりますが、やっと気持ちが整理できましたので、近い内に必ず公の場で謝罪をさせていただきます。』


だその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり…我々がその気になれば謝罪会見は10年20年後ということも可能だろう…(カイジ風)

それは冗談として、耳が悪い体だと会見も謝罪のみで質疑応答なしになる可能性が高いな。



まとめ


何一つ言質を取らせない「ふんわり謝罪」乙!

佐村河内守氏の後ろに弁護士と言うゴーストライターがついてるからなー…単身会見を試みた新垣隆氏がかわいそうに見えてきたよ。

ただ、佐村河内守氏が「本当に耳が悪い」ことを主張したのは新垣隆氏にとっても良い話かもな。聴覚障害を証明できたならば「犯罪者の片棒を担いでいた」というレッテルは取り下げられるわけだし。

今までの佐村河内&新垣氏の楽曲は現在公演中止・販売中止となっているが、話題になると分かっているものをCD会社やメディアが見逃すはずがない。
新垣隆氏のゴーストライター作曲報酬は少なかったみたいだし、再開したら楽曲の権利や印税は新垣隆氏に譲って今後の活動の足しにしてほしいな。

個人的に残念なのは、この騒動がこじれるのは誰にとっても益のない話なので、そこそこな所で落ち着きそうな所。(メディアが炎上の火消し的な動きにシフトしていくのではという危惧。)

今回の騒動によって論争になっている「ゴーストライター問題」「メディアの取り上げ方(番組作り)」「作者と作品の評価の関係性」等、面白い議題が盛りだくさんなので今後も議題となってほしいな。



個人的総括


最後に今まで読んだ面白かった記事まとめリンクをはって総括としておく(総括の意味が問われる)

あと
佐村河内守騒動の経緯が分からない人向けに。
本ブログでも2度記事にしているので参照してくれると嬉しいです。

聴覚障害の作曲家 佐村河内守氏 ゴーストライターに作曲させ発表作品と偽装していたことが発覚
事の発端。ゴーストライター新垣隆氏(当時は名前は伏せられていた)の会見を前に佐村河内守氏の代理弁護士が先制発表。

『交響曲第1番HIROSHIMA』の当初の名前は『現代典礼』広島や原爆とは全く関係ないオーケストラ作品
佐村河内守氏のゴーストライター新垣隆氏記者会見の内容。次々と衝撃の事実が語られた。



面白かったエントリーリンク(順序不同)


「世界で一番苦しみに満ちた交響曲」|HMV
佐村河内守交響曲第1番HIROSIMAについてのコラム(2007年)ここまで絶賛してしまったら今後も応援するしか無いなw

鬼武者のサントラ収録時、指揮をした 新垣隆による楽曲解説(当時、佐村河内守の作曲)と寄せ書き |はてな匿名ダイアリー

超自画自賛。新垣隆氏本人が書いたかは定かではないが…ノリノリな文章であるw

■|はてな匿名ダイアリー
うまい!!!

「聴覚を失った現代のベートーベン」佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか?|Yahoo!ニュース
テレビ関係者のポジショントーク臭いが…怪しいと知りつつ持ち上げた関係者は大反省して欲しいな。

またS氏騒動・長文多謝|隠響堂日記
作曲家 吉松隆氏からの意見。専門的な話から商業的な話まで言及。

耳が聴こえなくても作曲はできるし、譜面は単なる設計図ではない。|夜の庭から
佐村河内守氏の聴覚障害と作曲活動についての検証。

ゴーストライターっていけないことなんすか?|やまもといちろうBLOG
芸能界のゴーストライターは当たり前なのに作曲のゴーストはダメなの?的な問題提起。もやもや。

偽ベートーベン妻の母「いつかバレる…」|nikkansports.com
佐村河内守氏の妻の母のインタビュー。若干ヒステリックな口調が含まれているため個人的には主観が大きい「信用に足りない」情報と感じた。

より正しい物語を得た音楽はより幸せである ~佐村河内守(新垣隆)騒動について~|森下唯official site
作曲家 森下唯氏による佐村河内守騒動振り返り。新垣隆氏が作曲するにあたって佐村河内守氏の効果を評価している。

偽ベートーベン事件の論評は間違いだらけあまりに気の毒な当代一流の音楽家・新垣隆氏|JBPRESS
新垣隆氏の経歴から佐村河内守氏の関係を掘り起こす。同氏同情の念が強めの意見。



それにしても今回の騒動面白すぎて辛い。

私も面白くなりたい。


おわり


「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet
新潮社 (2014-01-14)
売り上げランキング: 1


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL