心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  政治・経済 >  憂国の偽善者達

憂国の偽善者達

国の債務は返済の必要がないという本質|シェイブテイル日記
d.hatena.ne.jp/shavetail1/20130810



国債が1000兆円、国民一人あたり792万の借金。
暴論にも程がある。
しかし、妙に納得してしまうのは文章の巧みさだろう。
国の財源は税金で賄われているのだから当然の理屈だ。

・・・ と思っている人は多い。 バッカじゃないの?


実際は国債も財源だし、国債は借金では無い。
国債は国家レベルの経済・金融システムだ。
それをねじ曲げて赤字国家だのレッテル貼りして
財政建て直しと嘯き、消費税の増税を訴えるのは国家の知性を疑う。

経済成長有りきの増税と言いながら、

芽が見えた所で増税して成長を叩き折るわけだ。

まともな思考じゃねえな!


この流れに賛成してしまう国民は政治と経済を学ぶべきだな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加






    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL