心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ゲーム >  ひぐらしのなく頃に考える竜騎士07の奇跡

ひぐらしのなく頃に考える竜騎士07の奇跡

   [ 2013年08月13日 00:07 ] カテゴリ:ゲーム | CM(-)
竜騎士07が信用無くした最大の原因は何だったの?|わんこーる速報!
onecall.livedoor.biz/archives/6725140.html



竜騎士07
同人サークル「07th Expansion」
代表作 ビジュアルノベル「ひぐらしのなく頃に」「うみねこのなく頃に」

昔話をしよう。
2002年「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」がコミックマーケットで100円で販売された。
100円は思えない大ボリュームと、ホラー色の強い斬新なストーリーで注目を浴びる。
後にインターネットで無料配信。ネットで話題となり一躍有名となる。
続編もコンスタントに発表。その熱量を維持し・完結させる。
コンシューマー化、ノベル、漫画、アニメ化。新作発表。
同人あがりのプロ作家は多い。
しかし、中でもここまで成功した例は他にない。
それが竜騎士07氏である。

何故ここまで成功できたのか?

運が良かった。

そして
運を掴むだけの実力を持ち合わせていた。

・・・・・
飛び抜けた文才がある訳ではない。(物書きとしての素養はある)
絵も描けるが、決して上手い訳ではない。

しかし、とにかく弛まぬ努力の人だ。
話題を終わらせない継続力
ファンとの交流やイベント参加。
草の根活動からネットの活動とバランスよくこなす。
物書きというよりもエンターティナー肌での才覚があるように感じる。
今で言うと虚淵玄氏に近い立場だ。

竜騎士07が信用をなくした?

いいえ。

たしかにブームが過ぎた感は否めない。
しかし、ここまで名を上げることはまぐれではできない。紛れも無く実力だ。
これからは作家として、成熟期に入ったと言えるのではないだろうか。

今後の竜騎士07先生の活躍に期待したい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL