心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  携帯・スマホ >  携帯料金仕分け 格安SIMのススメ

携帯料金仕分け 格安SIMのススメ

格安SIMを使って携帯のパケット通信料を月1000円以下にする裏技を一挙公開!|サラリーマン休日副業で月10万円以上目指すページ

sideb.hatenablog.com/entry/kakuyasu_gekiyasu_sim_mvno



携帯月額料金を下げる方法。
格安SIM、MVNOを使うことだ。
それは正しい。

しかし
利便性を損なうのは大きい。
安さとサービスはトレードオフなのだ。


デメリットは大きい。
・携帯電話番号が無くなる
・携帯メールアドレスが無くなる
・パケット通信がすごく低速

通信速度以外はある程度カバーできる。
しかし試行錯誤が必要。
少なくともスマートフォンとパソコン知識は必須。

試験運用期間を十分取って運用するべきだろう。


それでも

やる気のある人。脱キャリアの世界へようこそ。

パターンは千差万別。可能性は無限の魅力的な世界だ。

以下に指針を書いておく。

■スマートフォン
携帯電話として使うならスマートフォンにSIMカードを挿す方法が最も手軽。
対応機種は必ず確認すること。ちなみにディザリング機能は使えない可能性大。

モバイルルーターに挿すと複数端末で使える。その分端末代が高く付くが、その分メリットは大きい。
常時ONはバッテリーの消費が激しいので配慮が必要。
wifiオン時に数十秒間回線接続で待たされるのが難点か。

■低速SIM契約
提供している会社は多数ある。
低速パケット通信のため動画サイトはほぼ無理。
メールは問題ない。スマートフォン専用サイトは快適。PC用ページは重い。

代表的な会社

IIJmio:オススメ。回線が安定しているため人気。デメリットは初期費用やプラン変更が煩わしいことか。

日本通信社b-モバイル:プランが豊富。初期費用無し、店舗で気軽に買える。値段の割に速度が安定しないと不評の声も。

DTI:月額料金が安い。回線が安定しないとの声も。でも安い。何より安いことがメリット。

イオンSIM:DTIと同じ。

■電話機能
通信速度が遅いためトランシーバーのような低品質を覚悟しよう。
あくまでサブ的な位置。できる限り自宅の高速なwifiでの通話をお勧めする。

・IP電話サービス。電話番号を持てる留守電機能や着信履歴サービスもある。

050Plus:月額315円。アプリ設定が簡単。050plus同士は通話料無料。固定電話への通話料が安い。

FUSION:月額無料。アプリ設定は難しめ
で上級者向け。通話品質は設定次第だが若干050plusに劣る。FUSION同士は通話料無料。

友人同士ならSkypeやLINEを使うほうが便利だろう。
※LINEは電話番号認証があるため携帯解約の前にLINE登録しておくこと。

■メール
携帯キャリアメールが無いため不便なことがある。
メインにはgmailを使うのが無難。
もしくはプロパイダのメール。
サブでフリーメールを使うと良いだろう。
※相手の携帯電話のメールフィルター機能でメールが届かない場合があるため注意!

■覚悟
サービスは日進月歩。設定は試行錯誤、随時変更できる柔軟な対応が必要。
最善の設定でも快適度はキャリアに大きく劣ることは覚悟しよう。


質問があれば答えるよ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加






    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL