心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  にこさうんど管理人、ニコ動及びJASRACの著作権侵害容疑で逮捕される。

にこさうんど管理人、ニコ動及びJASRACの著作権侵害容疑で逮捕される。

   [ 2014年05月09日 20:02 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


『にこ☆さうんど』閉鎖騒動


『にこ☆さうんど』とは、ニコニコ動画にアップロードされている動画の音楽(音声)を抽出、mp3変換してダウンロードできるサイト。

利用者が動画を一度mp3へ変換すると『にこさうんど』サイト上(サーバー上)にmp3ファイルが保存され、他の利用者は変換の必要はなく直ぐにダウンロード可能な状態となる。

今年の2月に突然サイトが閉鎖。公式アカウントで閉鎖の旨がツイートされる。


にこ☆さうんど跡地には
『突然で申し訳ありませんが、諸事情によりサイトを閉鎖する事となりました。勝手で恐縮ですが、今迄ご愛顧頂きまして、ありがとうございました。』
『サイトには今後は、niconico 公式のサービス NicoSound をご利用頂くのが良いかと思います。(名前は似ていますが、「にこ☆さうんど」とは関係ありません。) 』

と言うメッセージのみ残されている。

閉鎖の経緯詳細については以前書いた記事を参照してくれると嬉しいです。
ニコ動mp3抽出WEBサービス『にこさうんど』が閉鎖。代替ツールとして『NicoSound』に脚光か。



にこさうんど管理人、著作権法違反の疑いで逮捕



5月8日、にこさうんど管理人(サイト運営者)が著作権法違反の疑いで逮捕されたことが判明。

ドワンゴのサイト上
プレスリリースにて詳細内容が掲載されている。

ニコニコ動画をMP3に変換・ダウンロードするサイト「にこ☆さうんど♯」の運営者を著作権法違反の疑いで逮捕|dwango

北海道警察本部サイバー犯罪対策課および北海道手稲警察署は、本日(5月8日)、dueおよびJASRACが著作権を管理する楽曲の音楽ファイルを不特定 多数の者にダウンロードさせていたサイト「にこ☆さうんど♯」(以下「本件サイト」という。)の運営者である男性(29歳)を著作権法違反(公衆送信権お よび送信可能化権侵害)の疑いで逮捕したことを発表しました。

本件サイトでは、ニコニコ動画に公開されている動画をMP3ファイルに変換してダウンロードおよびストリーム配信を行っていたもので、専用のアプリケー ション等をインストールすることなく、ニコニコ動画の動画掲載ページURLを入力するだけで容易に変換・ダウンロードすることが可能となっており、ニコニ コ動画で人気のあるボーカロイド楽曲が数多く配信されていたもので、1日あたり約1,500件のファイル変換が行われるなど、大規模な違法配信が行われて いました。

また、本件サイト運営者は、ユーザに無料で本件サイトを利用させていましたが、本件サイトに掲載していた大手広告サービスを通じて、これまでに約1億3千万円もの収益を得ていたことが警察の捜査によって確認されています。


プレスリリースの名義は
株式会社ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント(due)
一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)


…著作権者はニコニコ動画と言う事か。
つまり、ニコニコ動画にアップロードされた動画…つまりドワンゴが著作権を持つ動画の音楽を抽出して『にこさうんど』上にアップロードしていたことが著作権法違反(公衆送信権および送信可能化権侵害)に抵触したと推測される。

公衆送信権|Wikipedia

公衆送信権
『著作権者以外の公衆送信行為を規制する権利』

自動公衆送信
『公衆からの求めに応じ自動的に行う送信(2条1項9号の4)。インターネット上のサーバに著作物を格納し、利用者がアクセスすることによって著作物が送信されるような場合』

この辺に抵触したようだ。特に『インターネット上のサーバに著作物を格納』が『にこさうんど』の例にぴったり当てはまる。


ただ…
日々、著作権違法動画のアプロード・削除合戦しているニコニコ動画が「著作権」と主張するのはムズムズするが…wそれはまた別の話か。

それにしても約1億3千万円もの収益を得ていたって、すごいな…w



ニコ動の巨大ブーメラン発言


言わなくて良いのについ「おまいう発言」するのが最近のドワンゴクオリティ。

なお、本件サイトのようないわゆる寄生型サイト(※)における違法音楽配信に関して、サイト運営者が著作権法違反の疑いで逮捕されるのは今回が初めてのことです。


寄生型サイトだから逮捕されたわけじゃないだろ…?
今回の決め手はどう見ても『ニコ動の音楽を違法アップロードしていた』点であって…


近年、違法配信において大きな問題となっているリーチサイト等の寄生型サイトは、広告収益を目的として開設されるケースが極めて多く、違法サイトに広告が掲載されることで、当該サイトに多額な広告収益をもたらす結果となっています。


違法配信の窓口となっているリーチサイト等の寄生型サイト(要するに動画リンクサイト)は広告収益を目的としている。当該サイトに多額な広告収益をもたらしている?……だから何?

そりゃ違法は駄目だけど……主語が『リーチサイトは広告収入目当て』に掛っている気がする…儲かっているから気に入らないと言っているようにしか聞こえない…w

しかも『にこさうんど』はリーチサイトだから逮捕ではなく、違法アップロードで逮捕だよね?そこも本件からずれてる。

そもそもニコ動がyoutubeの寄生サイトから始まったサービス。youtubeに膨大な負荷を与えた結果、BANされるという完全なリーチサイトだった。その経緯から考えると寄生サイトがどうこう言う資格はないw


dueとJASRACは、今回の事件が違法配信に対する大きな警鐘となり、適正な音楽配信ビジネスの発展につながることを期待しています。


まあ…ニコ動、JASRAC共同声明なので、恐らく経緯や現状は棚に上げ承知の上での発言だろう。

微妙な論点ずらしはニコ動にぶら下がっている寄生サイトへの牽制なんだろうな。

これからニコ動が寄生サイト対策打ってって行くと言う予告?

大人って怖い…:;(∩´﹏`∩);:


おわり

関連記事

ニコ動mp3抽出WEBサービス『にこさうんど』が閉鎖。代替ツールとして『NicoSound』に脚光か。

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 (アスキー新書)
佐々木 俊尚
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 91,520


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL