心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  『ニコニコ静画の印刷工房』オープン!オリジナルグッズ製作販売をニコ動が全て代行してくれるサービス。

『ニコニコ静画の印刷工房』オープン!オリジナルグッズ製作販売をニコ動が全て代行してくれるサービス。

   [ 2014年05月15日 23:38 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ニコ動新たなサービス『ニコニコ静画の印刷工房』


まず、ニコニコ静画とはniconico(ニコニコ動画)の提供するサービスの一つで画像投稿サイト。

ニコニコ静画|niconico


ユーザー投稿イラストページがメインで、他にも企業の公式WEB連載漫画や電子書籍の販売も行っている。(なんとも盛々のサービスである)


そして今回、新たなサービス『ニコニコ静画の印刷工房』がオープンした。

ニコニコ静画の印刷工房|niconico

どんなサービスか一言で言うと、

投稿したイラストをTシャツ等のグッズにプリントアウトして販売できるサービス。

ニコニコ静画の印刷工房サービスの概要|niconico

制作から販売の敷居は低め。
商品登録は無料、グッズは受注生産のため在庫コストなども掛からない。
商品を登録するだけでグッズ制作・販売・発送など全てニコニコ動画が行なってくれる。
商品が売れた場合、商品金額の10%が製作者の利益となる。

作成できるオリジナルグッズは、
Tシャツ、スマホケース、ベッドシーツ、タペストリー、枕カバー、抱き枕カバー等など、種類が豊富なのも特徴。



面白いサービスだが、気になる点もいくつかある。


・オリジナルイラストが条件

商品登録にはイラストの審査が必要。
条件はオリジナル作品であること。また、R15のイラストは不可。
二次創作作品(同人イラスト)が強みのサービスでオリジナル縛りはかなり辛い気がする…


・商品の価格が高め

受注生産とは言え、全体的にお高い…
白Tシャツに3780円+送料750円前後=4500円とは、なかなか手を出し難いお値段かも。


・ニコ動(ニコニコ静画)サービスの連携不足

印刷工房もニコ動サービスの一つあるが、今の所ページがほぼ独立している。ニコニコ静画のトップ画面にさえ表示されていないw

また、印刷工房側のページも投稿ユーザー名でグッズの絞込はできるが、ユーザーのプロフィールやニコニコ静画の投稿イラストにさえジャンプすることも出来ない…
独立というか、サービス孤立してないか?(笑)…今後に期待である。


・ニコニコ静画の存在感が問われる…?

身も蓋もないがpixivの二番煎じ感が否めないわけで、ニコ動・ニコ生の下位に存在するよく分からないサービスというのが実情な気がする。

ニコ動全体が大きなSNSとして機能させようとしている運営の努力の跡が見られるので、今後の躍進に期待だろうか…?


・スズリ(SUZURI)の二番煎じ感

オリジナルグッズの制作販売代行サービスは既にある。
GMOパペポのサービス「スズリ(SUZURI)」



ニコニコ印刷工房と同様のオリジナルグッズ製作販売代行サービス。

スズリ(SUZURI)は送料無料、Tシャツの色も指定可能で最低価格2500円~3000円位で価格が安めで、利幅(売れた時の報酬)も任意に決めることが出来る。

ニコニコ印刷工房と比べると品揃えとニコ動ネームバリュー以外、全てに優っていると言っても過言ではない…w
(まあ、その品揃えとネームバリューが大きんだけどね…w)
ただ、スズリ(SUZURI)はスマホカバーやマグカップなど、小物が多いのに対し、印刷工房はベッドシーツや枕カバーなど寝具が多く、差別化はされているようには思う。



利用するメリットも大きい


・売る側も買う側も手軽に利用できる

登録無料だし、販売や制作の手間もかからない。
オリジナル作品を投稿している人はやって見る価値はあるかも。

また、ニコニコ(静画)が提供する公式販売なので、イラスト投稿者のファンが商品を買いやすい。


・ニコ動公式サービスであること

ニコニコ動画と言う、化け物サイトでのサービスであり、商品の露出度は高い(と思われる)

ニコニコ静画のサービスの一部なので創作活動の邪魔にならない


・ベットシーツや抱き枕カバーはユニーク

前記の通り、オリジナルグッズ販売サービスというとSUZURI(スズリ)の方が一日の長がある。

しかしスズリには無い商品が多いのが特徴で、ベットシーツや抱き枕カバーはイラスト投稿サイトの性質にマッチしていると思う(笑)

特に抱き枕カバーはユニークな商品で、ニッチな需要に応え得るか?
ただR15イラストは禁止なので…若干残念感もある…w

後、抱き枕カバーは今週末に販売開始予定らしいが、印刷が表だけのような気がする。
抱き枕カバーといえば裏表印刷じゃないとダメじゃないの…?




まとめ。もっと流行れ。


個人的には価格面やサービス面でスズリ(SUZURI)推し。
スズリ(SUZURI)の方は商用フリー素材を活用すれば絵が描け無い僕でも出来そうだ?(まあ売れないと思うけど…w)

だが、印刷工房も面白い試みだし、個人で手軽に販売できるサービスが増えるのは良いことだと思う。

今後こういうサービスがもっと流行って……もっと安くなればいいな。まだ高いよ!(笑)


おわり

↓ニコ動関連記事もどうぞ↓
にこさうんど管理人、ニコ動及びJASRACの著作権侵害容疑で逮捕される。

ニコ動mp3抽出WEBサービス『にこさうんど』が閉鎖。代替ツールとして『NicoSound』に脚光か。


真・マジカルスウィート抱き枕本体 無地 160x50cm
マッチングワールド (2009-05-30)
売り上げランキング: 1,013


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL