心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ゲーム >  高橋名人がゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立!代表取締役名人に就任。

高橋名人がゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立!代表取締役名人に就任。

   [ 2014年06月06日 13:20 ] カテゴリ:ゲーム | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


世界にドキドキを!「株式会社ドキドキグルーヴワークス」


2014年06月05日
高橋名人こと、高橋利幸さんが新たな会社を設立したことを自身のブログで発表。

世界にドキドキを! | 高橋名人16連射のつぶやき

さて、昨日のブログでも軽く紹介しましたが、昨日、新会社のリリースが出されました。
新会社の名称は「株式会社ドキドキグルーヴワークス」
業務としては、開発、デバッグ、データチェック、品質管理、運営など、コンシューマーやSNSなどに関した事を、全般的に行う会社です。


会社名は「株式会社ドキドキグルーヴワークス」
高橋名人は社長の役職「代表取締役名人」に就任

株式会社ドキドキグルーヴワークス

事業内容は

『「世界をドキドキさせる」という企業理念のもと ゲーム機器からスマートフォンなど様々なプラットホーム向けの開発を行います。
又ご要望があれば開発サポートも行います。』

として、「開発」「データチェック」「品質管理」「コンテンツの運営」等、ゲーム開発からコンサルティングまで幅広い業務を行うようだ。



「16連射」の高橋名人。今後の活動は?


ハドソン社員としての「高橋名人」

・全国キャラバンファミコン大会

・「16連射」「ゲームは一日一時間」などの名言(流行語)

・連打力測定器「シュウォッチ」

・映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』出演

・ファミコンソフト、「高橋名人の冒険島」シリーズ

など80年~90年代に高橋名人が一世風靡。

その後もハドソンの顔、広報担当として活躍されていたが、ハドソンが事業縮小でゲーム開発部門がコンシューマーゲーム開発を撤退。

それを機にハドソンを退社し、ニコニコ生放送のゲームとアニメの情報番組『電人☆ゲッチャ!』に移籍。主に配信番組の司会やイベント出演などの活動していた。


そして今回の新会社設立。

ゲーム業界の超有名人とは言え、広報や準タレント業のような活動されていたイメージだったので「ゲーム開発会社」設立と聞いて意外に思えたが…

開発メインとしながらも色々構想がありそうな表記も。
サービス | 株式会社ドキドキグルーヴワークス

『高橋名人のもとに集まったゲームのプロプレイヤーや、エンターテインメント業界で プロフェッショナルを目指す若いメンバーが業務を行います。』

『開発中のコンテンツをユーザーの視点からプレイし、「世界をドキドキさせる」作品作りのアドバイスを精鋭のゲーマー達が行います。』

……ゲーマーを集めてテスターやコンテンツ配信や宣伝?ゲーマー目線をウリとしたコンサルティングを行いたいように見えるが…はたして?

とにかく、高橋名人の新たな挑戦に期待したい。


おわり

公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間 (ファミ通ブックス)
高橋名人
エンターブレイン
売り上げランキング: 348,769


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL