心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  ツイッター仕様変更!ユーザー名4文字以下のIDは作成不可能となる。1~4文字ID変更の際は注意されたし

ツイッター仕様変更!ユーザー名4文字以下のIDは作成不可能となる。1~4文字ID変更の際は注意されたし

   [ 2014年07月23日 20:22 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter仕様が変更。ユーザー名の文字数制限が導入される。


ツイッターでは「@abcd」「@12345」等のユーザー名は設定画面でいつでも変更できる。
今までは同じID名が存在しなければ1文字~16文字までアカウント作成・ユーザー名の変更が可能だったが、本日Twitterに仕様変更があり、4文字以下のIDは作成不能となっているようだ。(※Twitter公式発表ではありません)

変更内容
・1~4文字のユーザー名は空きIDであっても作成不可能となった。
・現在1~4文字のユーザー名を変更した場合、元に戻せない。



実際に試してみる

設定のユーザー情報でユーザー名を変更



ユーザー名を4文字ID(空きID)に変更

「確認中…」と表示される。
本来ならしばらくすると「利用可能です」「このユーザー名は既に使われています。」と表示されるはずだが、「確認中…」から表示が変わらない。


変更強行すると…

実施するとエラーメッセージが表示される。

Screen name must be more than 4 characters
(スクリーンネームは、4つ以上の文字である必要があります


と、はっきりメッセージが表示されるため、どうやらバグや不具合ではないようだ。
今後、ID変更で遊んでいる人は4文字以下のIDは戻せなくなるので注意!!



~TwitterIDの価値は~


TwitterのID(ユーザー名、スクリーンネーム)で使用できる文字は0~9、a~zと_(アンダーバー)の計37文字。

つまり、文字数ごとの存在できるユーザー名総数は…
1文字IDは37アカウント
2文字IDは37の2乗=1369アカウント
3文字IDは37の3乗=50653アカウント
4文字IDは37の4乗=1874161アカウント


1~2文字は実際に希少価値が高いとされており、一文字IDは数百万円の価値があるらしい。
脅迫や乗っとり等のアカウントハックトラブルが発生している。

希少価値の高いTwitterアカウントを持つユーザーが体験した恐ろしい出来事 | gigazine



現在では所得が困難な1~4文字ID
現在では1文字~2文字IDは完全に枯渇している為、既にほぼ取得は不可能だった。
3~4文字IDも枯渇しているが、アカウント凍結削除や放置アカウント削除などで空きが発生するため、最近でも取れたようだ。

しかし、空くIDはごくわずか。手探りで取得はほぼ不可能なので、自動走査プログラムで空きIDを検索、取得している人が大勢存在していたようだ。
(ツイッター内で販売を行なっているケースも…売れているかは分からないが大胆だw)

しかし、上記のように3文字4文字IDは総数が多く、空きが出ることも多い為、それほど希少価値はないようだ…。

しかし、今後作れないとなると4文字IDも希少価値が出るかもしれない。
(そうなると自動で大量に取得したプログラマーの一人勝ちな気がするが…)

ツイッター運営側は、しょうもない自動プログラムでサーバーに負荷をかけて欲しく無いのかもしれないな。



まとめ。わりとどうでもいいが…


Twitterを使用する人の99%は関係のない話だろうが、今後絶対に作れないと言われると少し不公平さを感じる人はいそう。

ただ、少ない文字数のユーザー名は取り合いになるのが常で、ID名は最低4~5文字以上と言うサービスは多い(Gmailも最低5文字以上だったはず)

その中で、Twitterでは文字数制限がなく、何時でもID変更可能な所は面白いシステムだとは思っていた。

今回の仕様変更は仕方ない部分はあるのかもしれないが、Twitterの自由さを損なう変更とも言えて少し残念ではある。

おわり。


30分で達人になるツイッター (青春文庫)
津田 大介
青春出版社
売り上げランキング: 28,593


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL