心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  インターネットに年輪は無い。積み重ならない歴史。

インターネットに年輪は無い。積み重ならない歴史。

   [ 2013年08月21日 18:47 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
ネットにおける“十年”の重み――消されなかったアカウントだけがネットの歴史になっていく|シロクマの屑籠
d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20130820/p1



インターネットの情報は早い。兎に角早い。
昨日のことが今は昔。
10年前の情報さえ消失していることが多い。
過去を捨てながら歴史を歩んでいる。

例えば炎上が一番わかり易い。
一度炎上すると激しく燃え上がり、延焼し、ついには何も残らない。
しかもその間数日である。
数万人の人間がアクセスしていたものが、数日でアクセスが数%となる。

終わったコンテンツの風当たりも厳しい。
更新のないページは離島のように孤立し、誰にも顧みられない。
兵どもが夢の跡である。
アクセスを励みにしたページ主ならばページを削除したくもなるだろう。

今はブログブームもそこそこにSNSが主流となっている。
(ツイッター・フェイスブック・LINE等)
今後もライブ性はより重視されていくだろう。
それらはたいてい盛り上がったあと放置されたり削除される。
そうしやすいように出来ている。作りやすく消しやすい泡のようなツールだ。

例えて言うなら祭りの縁日。後に残らない後腐れのない関係。

コミュニケーションツールは積み重ね不要という証明かもしれない。

だからインターネットは過去を顧みない。今も昔もこれからも。

だからこそアーカイブは貴重なのだが・・
今後はそれさえ許されない時代となって行く。
雲のような情報は、情報を留めることさえ拒むのだ。クラウドだけに。


    このエントリーをはてなブックマークに追加






    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL