心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  漫画『ハイスコアガール』ゲームキャラクター無断使用、著作権法違反容疑でスクウェア・エニックスに家宅捜索

漫画『ハイスコアガール』ゲームキャラクター無断使用、著作権法違反容疑でスクウェア・エニックスに家宅捜索

   [ 2014年08月06日 21:58 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


SNKプレイモアがスクウェア・エニックスを著作権法違反で刑事告訴


押切蓮介さんが
『月刊ビッグガンガン』で連載している漫画『ハイスコアガール』
ゲームを通しての恋愛を描くラブコメ漫画。

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

作中にてSNKプレイモアが「自社のゲームキャラクターが無断使用されている」として出版元スクウェア・エニックスを刑事告訴。

8月5日、大阪府警が著作権法違反容疑で出版元スクエア・エニックス本社を家宅捜索したことが判明。

人気漫画に他社のゲームキャラが…ドラクエの「スクエニ」を著作権侵害容疑で捜索 大阪府警 | msn産経ニュースwest

ハイスコアガールは1990年代を舞台にしたラブコメディー作品。主人公がゲームマニアで、作中で当時ブームになったさまざまな格闘ゲームをプレーする。その中でKOFやサムライスピリッツのキャラクターが100カ所以上にわたって登場していたという。


単行本の巻末には、著作権表示によく使われる(C)マークとともにSNK社の名前が他の複数のゲーム会社とともに記され、あたかも許諾を得たような体裁になっていた。


「SPECIAL THANKS(スペシャルサンクス)」名目でSNKプレイモアもクレジットされてるとのこと。
承諾してないのにスペシャルサンクスに入れられたら怒るよなぁ…w



翌日SNKプレイモアが自社ホームページに刑事告訴の経緯を掲載


株式会社スクウェア・エニックス等に対する刑事告訴について | SNKプレイモア(pdfデータ)

株式会社スクウェア・エニックスは、当社の許諾を受けることなく、当社が著作権を有する多数のゲームプログラムのキャラクターを複製使用した漫画「ハイス コアガール(著者:押切蓮介氏)」を出版し、当社の著作権を侵害しました。当社は、重大な違法行為を厳重抗議すべく、株式会社スクウェア・エニックスに対 し、「ハイスコアガール」の電子書籍、単行本、月刊誌その他の販売の即時停止を再三申入れましたが、なんら誠意ある対応がなされませんでした。


「ハイスコアガール」作中でSNKプレイモアが権利を持つキャラクターが無断使用されていることあ発覚。

『株式会社スクウェア・エニックスに対し、「ハイスコアガール」の電子書籍、単行本、月刊誌その他の販売の即時停止を再三申入れましたが、なんら誠意ある対応がなされませんでした。』

とあるように、どのようなやりとりがあったのかは分からないが、かなり関係はこじれている様子。

SNKプレイモアの著作権やライセンス管理は厳しいのは有名だが、まさか刑事告訴とは…。

(民事じゃなく刑事って…著作権がらみで刑事告訴流行ってるの?)



スクウェア・エニックスも掲載

本日の一部報道について | スクウェア・エニックス・ホールディングス(pdfデータ)

当社子会社の株式会社スクウェア・エニックスが発行する出版物の一部内容について、著作権法違反の疑いがあるとして、平成26年8月5日に、警察当局による家宅捜索を受けました。
当社およびスクウェア・エニックスは、捜査に全面的に協力しておりますが、現在、警察による捜査が行われているため、本件に関する詳細の公表は控えさせていただきます。


捜査には全面的に協力。
詳細については現在捜査が行われているため公表は控えるとのこと。

なおハイスコアガールの既刊書籍は自主回収。電子書籍は配信停止。
『月刊ビッグガンガン』での連載は継続とのこと。

追記
8月11日連載が休載発表されました。
漫画『ハイスコアガール』月刊ビッグガンガン連載も一時休載



まとめ。


・スクエニ不利そう

作中で作品名や会社名、遠目ながらゲームキャラクターをバッチリ描写しているため『引用』の範囲で解釈するのはかなり苦しい。
ライセンス契約や許可が無かったのが事実であればスクエニはかなり不利な立場になりそうだ。


・漫画の描写では著作権の関係で作品名やキャラクター名を濁す場合も多いが…


ハイスコアガールでは「ストリートファイター2」作品名やキャラを堂々と登場させ、「待ちガイル」などゲーム画面をリアルに描写した冒頭が話題となった。
その後、カプコンとコラボも実現している。
一方SNKプレイモアではキャラ無断使用とされ、刑事告訴。どうしてこうなった。
ハイスコアガールの作中に登場するゲームの作品やメーカーは多岐に及ぶ。


権利関係をどう処理していたのか気になるな。事後承諾の場合が多かったのだろうか?


ある程度オマージュやパロディが通用する業界とは言え、商業ベースの作品ではリスキーな試みだったのかもしれない。


ここまで事が大きくなってしまうと「ダタ」では済まなさそうだが…
今アニメ化やコラボで盛り上がっている時だし、なんとか和解して継続して欲しいな。


おわり

ハイスコアガール (5) (ビッグガンガンコミックススーパー)
押切 蓮介
スクウェア・エニックス (2013-12-25)


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL