心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ゲーム >  ゲーム実況プレイ中に嘘の通報によってSWATが突入!実況主が拘束される様子がライブ中継される事態が発生

ゲーム実況プレイ中に嘘の通報によってSWATが突入!実況主が拘束される様子がライブ中継される事態が発生

   [ 2014年09月05日 00:24 ] カテゴリ:ゲーム | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカの有名実況プレイヤーがSWAT拘束プレイを披露


有名実況プレイヤーKootraさんがゲーム実況プレイしている所に、SWAT部隊が突入。
SWAT隊員に拘束される様子がライブ中継される事態が発生。

本人のyoutubeチャンネルにて録画がアップロードされている。(突入の様子は動画内6分30秒ごろ。)

"KOOTRA SWATTED FULL VIDEO" "Member of Creatures" "Littleton Swatt video" "The creatures swatted"




実況プレイヤーKootraさんがFPSゲームの実況プレイ中(twichのライブ放送)
右下にカメラで顔も表示している。




Kootraさん、後ろの物音に気づく



「ホールドアップ!」の声とともに、銃を構えたSWATの隊員が乱入。



体を床に押し付けられ、手を後ろに拘束される



ボディーチェック



椅子に座らせられ尋問される



隊員がカメラとゲームに気付き、配信を中断させて動画は終了。


FPSゲームを実況プレイしていたらSWAT部隊に突入される事件が発生|GIGAZINE

この一件は、誰かが警察に「同僚を二人撃ち殺した殺人犯がいる」とうその通報したことがきっかけで起こったもので、悪質なイタズラだったと考えられていま す。事件後にインタビューに答えるKootraさんは、意外にも突入時の様子について「何が起ころうとしているか、実は感づいていた」と語ります。

「ド アの外から叫び声が聞こえてきたので、警察が入ってくるんだと思いました」と少し笑みを浮かべながら語るKootraさん。「これまでにも僕らの名前でピ ザが注文されたり、タクシーが迎えに来たことはあったけど、こんなことは初めてだった。理由はよくわからないけど、僕の部屋に警察が突入する光景を画面で 見て楽しもうとすること以外は考えられない」と語っていました。


「犯人(Kootraさん)が同僚2人を射殺し、自分は拘束され、人質に取られている」
と何者かが警察に通報し、SWATが出動したようだ。

もちろん拘束された実況プレイヤーKootraさんは見に覚えがなく、嘘の通報だったことが発覚。無事Kootraさんは開放されたようだ。




嘘の通報でSWATを出動させる『swatting』行為が大きな問題に


このような虚偽の通報でSWATを出動させる犯罪行為は「swatting(SWATを出動させる)」、被害を受けることを「swatted(SWATに突入された)」と呼ばれ、同様の犯行が過去にも起こっているようだ。

今回では実際に「swatted」された動画が公開された事で話題となり、アメリカ国内ではメディアで大きく報道されている。



Gamer's video shows SWAT bursting into office while Littleton Police investigate report of shooting(海外ニュースサイト)

実際にSWATが出動する事態になると、突入の施設近隣の住民の退去や道路の通行規制等、被害者はもちろん近隣の住民に大きな影響を与える。


警官にホールドアップさせられながら退去する人たち。アメリカの銃社会がよく分かるシーン。

濡れ衣とは言え、何かの拍子で被害者が抵抗したら警官に撃たれかねない。
誰でも被害に合う可能性があるし、笑い事では済まない話だな…。

おわり




    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL