心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  画像投稿サービス『twitpic(ツイピク)』がツイッター社に商標権の放棄を迫られ閉鎖を宣言!

画像投稿サービス『twitpic(ツイピク)』がツイッター社に商標権の放棄を迫られ閉鎖を宣言!

   [ 2014年09月05日 21:08 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


twitpic(ツイピク)がツイッター社と商標権でトラブルが発生し、閉鎖を宣言


簡単にTwitterへ画像を投稿できるサービス『twitpic(ツイピク)』が9月25日に閉鎖する旨が公式ブログで発表された。

Twitpic is shutting down | twitpic公式ブログ


閉鎖理由(意訳)

twitpicは、2009年に商標登録を申請し、様々なハードルや困難を乗り越え、最近ようやく商標登録できた(もしくは目処がたった?)

しかし、ツイッター社弁護士を通してのやりとりで「商標を放棄しなければtwitpicのTwitterAPI連携を拒否する」と通告された。
(TwitterAPI連携を拒否されるとtwitpicはTwitterに画像を投稿できなくなる)

残念ながら商標を維持するためにツイッター社のような大企業と法廷で争うような企業体力はないため、twitpicを閉鎖することに決めた。



意訳2(改変ネタ)


>>497
普通に血の通った人間なら、大事に育てたサービスを削除させられる絶望がどれほどのものかわかると思うんだが
特にツイピクの場合は、そこらの一般投稿サイトの雑魚いサービスじゃなくて鯖で一番の投稿サイト
想像を絶する悲しみがツイピクを襲った



ツイピクの歴史


twitpic(ツイピク)とは画像投稿サイト。
twitpicと言う名前の通り、ツイッター連携で簡単に画像投稿ツイートできることが特徴。
投稿した画像はアルバム管理で一覧表示、公開設定ができるため、公開ギャラリーとして用途もできる。

また、ツイッター公式で画像投稿機能が無かった時代の2008年に作られたサービスで、ツイッター連携を全面に押し出した画像投稿サービスとしては最古の部類に当たる。

対応しているTwitterクライアントも多く、公式画像投稿機能が実装された現在でも使用者が多いサービスだった。
(…とは言っても最近は公式で画像投稿できるし、もっと便利なサービスが増えたので利用者が減っているようだが)



ツイピク難民どこへ行く?代替サービスは?


Twitter公式の画像投稿機能で十分じゃないか…?とは思うw
しかし、仕様変更の激しいTwitterでは長期保存目的の用途において信頼性が低い。
他のSNS連携も容易で、しっかりアルバム管理ができる外部サービスを使う選択は十分ある。

ツイッター連携できる有名ドコロの画像投稿サイト(写真共有サービス)と言えば…

フォト蔵


ついっぷるフォト


Flickr(フリッカー)

Tumblr(タンブラー)


あたりが有名か。

・日本語サイトだが連携の弱い「フォト蔵」「ついっぷるフォト」

「フォト蔵」や「ついっぷるフォト」は日本語サイトなのがポイント高い。
しかし、ツイッター連携はtwitpicに劣ってしまう。

使用クライアントによるが、投稿されるツイートはTwitterカードでの画像表示で投稿写真が小さく表示されてしまう

大きなサイズの画像はリンク先で見る必要があり、個人的にはオススメできない。


・敷居は高いが高機能な「Flickr(フリッカー)」「Tumblr(タンブラー)」

「Flickr(フリッカー)」「Tumblr(タンブラー)」はtwitpicと同じく、公式画像投稿のように表示できるのでtwitpicの替りとしては最適。

ただ、Flickr(フリッカー)は公式では日本語UIが無いのが痛い。
twitpicも英語だったし、慣れれば難しく無いと思うが…ツイピクより高性能で、アルバム管理を詳細に設定できる分、言語のハードルは少し高めか。
Tumblr(タンブラー)はTwitterと同じくSNSサービスなので写真投稿目的で使うには上級者向け。自由度が高く、奥が深いサービスなので一言では言い表せない。
これを機にTumblrデビューすると一挙両得感ある。←何が得なのかは謎


・結論

どれも長所短所があるが…
ツイピクの替わりとして使うならFlickr(フリッカー)がオススメ

しかし、Twitter社の「外部サービスより公式画像投稿サービス使えよ!」と言う圧力が見て取れる。今後もtwitpicのように他の外部連携サービスの閉め出しが行なわれる可能性も否定出来ない。連携機能は

ただ、FlickrとTumblrはTwitterに負けずとも劣らない大企業が運営しているサービス。なので、ツイピクのような突然の閉鎖は考えにくいと言う点は安心して良さそうだ。



まとめ



twitpic(ツイピク)』は日本でも根強いファンの居る(と思われる)サービスだったが、結局日本語対応してくれなかったな…w

今思うと、サイズ制限が厳しく、大きな画像を投稿するとリサイズされる微妙仕様や、
スマホで悪質な広告が表示されると話題となったり、問題点も多かった…w

今回もあっさり(?)手を引く所を見ると、ビジネスとして儲けは良くなかったかかもしれない。

それにしても、結果的にTwitter社の圧力によりサービス終了って、少し悲しいニュースだ…



このツイートが言い得て妙だな…
twitpicがTwitterに相乗りしているサービスと言う事を踏まえても、今回の騒動はTwitter側の暴君さが際立つな。

追記

どうやら受け入れ先企業が出て、
TwitPic存続が決定したようです。

おわり

↓関連記事もどうぞ↓
キングソフト、ツイピク(Twitpic)等での悪質な誘導広告掲載について釈明

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り
ニック・ビルトン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 81,610


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL