心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ゲーム >  ファミ通Appが『銀河任侠伝』を盗作したスマホゲームをレビューで絶賛してしまう事態が発生。スマホアプリの闇は深い…

ファミ通Appが『銀河任侠伝』を盗作したスマホゲームをレビューで絶賛してしまう事態が発生。スマホアプリの闇は深い…

   [ 2014年09月23日 15:46 ] カテゴリ:ゲーム | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ファミ通のスマホゲーム・アプリ紹介サイト『ファミ通App』にて、外国人が制作したAndroid用スマホゲーム『Galaxy Ninja™ Ginga NinkyouDen』のレビュー記事が投稿された。

【注目レビュー】外国人が見た日本のカオスアクションゲー『Galaxy Ninja』の意外な完成度に脱帽 | ファミ通App

海外の人からした日本のイメージといっても、寿司、相撲、アニメ、漫画、オタク、壁ドンと、さまざまあるだろう。そんな“外国人にとっての日本”を 詰め込めるだけ詰め込み、カオス化した海外製ドット風アクションゲーム『Galaxy Ninja Ginga NinkyouDen』がリリースされたので紹介したい。

アプリ名からして、銀河忍者任侠伝とすでに欲しがりすぎだが、ステージに登場する 敵も、“なんとかレンジャー”のようなヒーローやゴジラ、ヤクザ、果てはキョンシーやジェイソンまで、なんの脈絡も関連もない混沌ぶり。さらに、セーラー 戦士に酷似した謎のキャラまで登場。ヒロインの用意もおこたらないあたりに、日本への理解を感じられる。

日本へのイメージの“ちらかしっぷり”が良い意味でひどい本作だが、だからこそプレイしていて飽きずに、突如として出てくるアニメキャラや特撮ヒーローに変なトキメキを感じることが多々あった。

ドット絵のゲームに無条件にアンテナが反応してしまう人はもちろんのこと、そんなおっさん世代のゲームなんて知らないという人もその奇妙で完成された世界に半笑いで没頭してしまうことに違いない。


アプリ開発会社『Naomic Soft』の『Galaxy Ninja』ゲーム紹介ページ
Galaxy Ninja™ Ginga NinkyouDen , New HOT Android and iPhone games | Naomic Soft


うーんなるほど。これは良いドット絵だ。



ツイッターで『銀河任侠伝』のパクリゲームと判明!


なんと、ファミ通でレビューされたスマホゲーム
『Galaxy Ninja』は盗作だったことが判明!
元ネタのゲームは『銀河任侠伝』。
ジャレコ開発、1987年稼働のアーケードゲームだった。

ginga ninkyouden all stage clear without dying


様々な方面から怒られそうなきわどいパロディーがふんだんに登場するアクションゲーム。
著作権問題が色々危ないのか、現在まで家庭用ゲーム移植・リメイク等は一切されていない。

サウンドは『Arcade Disc In JALECO -ACTION-』に収録されているようだが…
Arcade Disc In JALECO -ACTION-
(ゲーム・ミュージック)
クラリスディスク (2013-07-31)
売り上げランキング: 40,813


ファミ通Appでは『(海外の人から
見た)日本へのイメージの“ちらかしっぷり”が良い意味でひどい』グラフィックを絶賛しているが、実は…正真正銘日本人が制作したゲームだったw

これはレビューした人恥ずかしすぎるw



何をどうパクっているのかよく見てみる。



(パクラレ元)『銀河任侠伝』ステージ1


(パク)『Galaxy Ninja』ステージ1

オリジナルの『銀河任侠伝』は基本的に敵を切るアクション。対して、パクリ『Galaxy Ninja』には加えてオプションでレーザーを撃つギミックがあるようだ。


(パクラレ元)『銀河任侠伝』ステージ2


(パク)『Galaxy Ninja』ステージ2(?)

ステージにはコインが配置していたり、ステージの構造自体もオリジナルとは違うようだ。


・ゲームデータを抜き出してグラフィックを盗用?

グラフィックは操作キャラクター、背景や敵キャラは全く同じ

つまり、銀河任侠伝のグラフィックデータを抜き取って、そのまま流用している盗作ゲームと思われる。

背景や敵キャラは丸々流用しているが、地形部分とシステムは一応オリジナル。
アイテムやレーザーのグラフィックや、ゲームシステム等はパクリ会社が配信している他のゲームからの流用しているっぽい。

うーん、これはひどい。リスペクトのカケラもないパクリ方だわ…


・ファミ通Appの対応

これら問題が判明し、ファミ通Appのレビュー記事冒頭には…
※現在、配信元にゲーム内容について確認中です。読者並びに関係者の皆様にはご迷惑をおかけします。対応が遅れて申し訳ございません。
と表記されている。

配信元じゃなくて、せっかくだからジャレコに取材して結果を記事にして欲しいなw

追記

ファミ通App記事更新

※配信元に問い合わせをしておりましたが、アプリの配信が中止されましたので、記事を削除させていただきます。本作は版権元に許諾なく配信された可能性が高く、今後はこのような事態を招かぬよう最大限注意いたします。読者並びに関係者の皆さまに深くお詫び申し上げます。

今後ともファミ通Appをよろしくお願いいたします。

2014年9月23日午後6時20分

配信元の連絡がつかないまま、アプリ配信が削除されたためレビュー記事削除とのこと。

うーん、歯切れの悪い終わり方だな…



まとめ。仕方ないけれど…ゲーム専門雑誌としては痛恨のミス。

元がマニアックなゲームなので知らないのは無理は無いけど…一応ゲーム雑誌なんだし…
せめて、グラフィックがちぐはぐな所で疑問に持つべきだったのかもね…

チェック体制強化とか、ゲームに詳しい人がレビューするとか、ゲーム専門雑誌らしいレビューを目指して欲しいな。

それにしても、スマホゲームの闇は深い……


おわり

↓関連記事もどうぞ↓
漫画『ハイスコアガール』月刊ビッグガンガン連載も一時休載

海外SEGAがブラウザゲーム『Rappy Bird』公開。『Flappy Bird』をパクリ返すエイプリルフール企画!?

ザ・ゲームメーカー ~ジャレコ編~ [DVD]
Happinet(SB)(D) (2010-01-29)
売り上げランキング: 37,403


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL