心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ゲーム >  PSVita版マインクラフト日本発売決定!PS3版マイクラもセットで付いてくる『クロスバイ』形式で販売!

PSVita版マインクラフト日本発売決定!PS3版マイクラもセットで付いてくる『クロスバイ』形式で販売!

   [ 2014年10月21日 20:22 ] カテゴリ:ゲーム | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


『Minecraft: PlayStation Vita Edition』日本版発売決定!


海外ではすでに配信開始されているPSVita版マインクラフト(Minecraft)だが、遂に日本発売が決定!

『Minecraft: PlayStation Vita Edition』発売日は10月29日(ダウンロード配信)
価格は2057円(税込)

マインクラフト移植版の日本ローカライズはいつもかなり遅れていたが、PSVita版は思ったより早かった!

公式サイトもオープン
Minecraft: PlayStation Vita Edition | SCE

いつでもどこでもマイクラ!無限の創造世界(クリエイティブワールド)がキミの手の中にー』



クロスセーブとクロスバイ・クロスグッズ対応

クロスセーブとはPS3とPSVitaセーブデータ共有機能のこと。
PS3とPSVitaどちらでプレイしてもセーブデータを共有して遊べる。
(例えば、
外出先ではPSVitaでプレイし、家ではゲームの続きをPS3の大画面でプレイできる。)


クロスバイ

2014年10月29日(水)以降、『Minecraft: PlayStation Vita Edition』と『Minecraft: PlayStation 3 Edition』は、新たにセット商品として「クロスバイ」にて販売いたします。PS Vita版配信開始以降に、PS StoreにてPS Vita版もしくはPS3版を新たに購入頂いた場合、もう一方のソフトウェアもダウンロード可能となり、ご自由にプレイいただけます。



クロスグッズ

各種ダウンロードコンテンツに関しても、PS Vita版配信以降は「クロスグッズ」として販売をし、PS Vita、PS3の両方のフォーマットでお使いいただけます


つまり、PSVita版マイクラ発売以降、PSVita版マイクラとPS3版マイクラがセットになると言う事(正確に言うと、どちらか1つ買うと、もう一方が無料で買える)

同時にダウンロードコンテンツも共有される。


PS3版マイクラを既に購入している人は、特別価格で購入可能。

すでにPS3版をお買い上げ頂いたユーザーの皆様には、PS Vita版を販売価格412円(税込)のディスカウント価格にてご提供させていただきます。(各種対応ダウンロードコンテンツに関しても、それぞれディスカウント価格でのご提供をいたします。)


PS3版マイクラ(2057円)を既に購入している人は、PSVita版マイクラが412円のディスカウント価格で購入できる。

なので、今PS3版を買おうと思っている人は、PSVita版が発売される10月29日を待ってから買った方がお得ですね。



プラットフォーム別マイクラの違い


PS3版マイクラとPSVita版マイクラとの違い。

スペックの関係でグラフィックや解像度(と操作方法)が違うが、それ以外ほぼ同じ。


PS版マイクラと本家PC版マイクラとの違い。

移植版は基本的にPC版準拠なので、システムはほとんど同じ。
PC版では、MOD導入などデータを個人レベルで無料で改造できたり、PCスペック次第でグラフィック向上が青天井、ネットワークプレイが大人数でできるなど制約が少ないのが特徴。

もう一つ、PS版とPC版との大きな違いはマップに世界の端がある事。
PC版のマイクラマップは無限だが、PS版やXbox版の家庭用ゲーム機版はゲーム容量の関係でマップの広さが制限される。
PS3版とPSVita版の世界の広さは同じと思われる。(セーブデータ共有出来るため)


PS4版マイクラの仕様は?

PS4版マインクラフト『Minecraft Playstation4 Edititon』は海外で既に発売済み。

PS3版とPSVita版と比較して大幅にグラフィックが強化されている。
マップの広さは制限があるものの、PS3版より大幅に広くなっているようだ。

マップの広さの関係か、PS3のセーブデータと共有はできない。
PS3のセーブデータをPS4にアップデート変換できるが一方通行のようだ(PS4→PS3は不可)

ちなみに、
日本版PS4マインクラフトの発売日はまだ未定。しかし準備中とのことで年内発売は期待できそうだ。



まとめ。クロスバイは理想的な販売方法。


PS3(PS4)版とPSVita版のマルチプラットフォームで
クロスセーブ対応のソフトは多いが、(内容が同じなのにもかかわらず)基本的に別売。

同じゲームソフトを2本買うのは流石に躊躇されるため、せっかくセーブデータ共有機能があるのに活用しにくい状態だった。

今回。先陣を切って(?)マインクラフトがクロスバイ形式で販売。
これはすごい画期的な販売方法だ!と言うより、元々この発想はあったが、やっと出たか…という感もある。

クロスバイ形式はユーザーにとっては理想的な販売形式だと思う。
今後こういうソフトが増えて欲しいな。

おわり

↓マインクラフト関連記事もどうぞ↓
映画版『マインクラフト』は大規模なプロジェクト。映画公開は数年後(3~4年後)になる事が判明!

マイクロソフトがマインクラフトのMojang社を買収!マイクラ生みの親Notch含む創始者3人は退社

PlayStation Vita Super Value Pack Wi-Fiモデル ブルー/ブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-07-10)
売り上げランキング: 732

    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL