心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  雑学 >  残念な結論。医師「霊魂や死後の世界は存在する」

残念な結論。医師「霊魂や死後の世界は存在する」

   [ 2013年08月26日 06:11 ] カテゴリ:雑学 | CM(-)
あまりにも多くの「最期の瞬間」を見てきた医師の結論東大病院・救急部長が語る「死後の世界」——人間は必ず死にます。でも、命には続きがあるのです|現代ビジネス 賢者の知恵
gendai.ismedia.jp/articles/-/35120



どう見ても新興宗教です。本当にありがとうございました。

何故こうなった…

「魂魄は存在する」「あの世が存在する」「肉体は死んでも魂は死なない」
「予知夢」「臨死共有体験」「お迎え現象」

仮にも医学を学び、医療に携わる人間の言葉とは信じがたい。

経験を積んで培われた「直感」を「霊感」と履き違えた結果か。
現代医学を過信しているが故、未知の現象への恐れか?

理解できない現象を推論で霊的現象に置き換えることは本当に容易い。

現在は脳医学・心理学の研究によって
おぼろげながら「心の在処」が解明されてきている。
それらを真っ向から否定し、自の世界観に耽るとは何ともナンセンス。

もちろん主義・思想・宗教観は個人の自由だ。
しかし仕事柄言ってはいけないことがある。ましてや人の生死に関わる職業。

この思想をひけらかす行為は許されざるべきだと思う。


    このエントリーをはてなブックマークに追加






    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL