心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  アニメ・マンガ >  アニメ『シドニアの騎士』2期の劇中で漫画原作者、弐瓶勉さんデビュー作『BLAME!』のショートアニメ化が決定!

アニメ『シドニアの騎士』2期の劇中で漫画原作者、弐瓶勉さんデビュー作『BLAME!』のショートアニメ化が決定!

    このエントリーをはてなブックマークに追加


シドニアの騎士TVアニメ2期と劇場版とBLAME!


TVアニメ『シドニアの騎士』第二期と劇場版の放送時期・公開日が決定!

「シドニアの騎士」公式サイト


・TVアニメ『シドニアの騎士』第二期

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」予告映像 Knights of Sidonia Battle for Planet Nine PV


シドニアの騎士アニメ第二期『シドニアの騎士 第九惑星戦役』
2015年4月放送予定!


・劇場版シドニアの騎士


2015年3月26日公開決定!

アニメ第一期を再編集、TV未公開シーンや新規カットを追加した作品となるようだ。



『BLAME!』が『シドニアの騎士』劇中アニメ化!『BLAME!端末遺構都市』


シドニアの騎士8話の劇中劇として『BLAME!(ブラム)』のショートアニーション化が決定!

「BLAME! 端末遺構都市」特別映像 The Ancient Terminal City PV


『BLAME!(ブラム!)』とは、アニメ『シドニアの騎士』の原作漫画作者である弐瓶勉さんのデビュー作(漫画作品)

BLAME!(1)

一応BLAME!のストーリーを簡単に説明すると…

主人公『霧亥(キリイ)』は、宇宙規模で無限に広がり続ける人工構造物(超構造体:メガストラクチャー)の暴走を止めるために必要な『ネット端末遺伝子』を探す果てしない旅をしている。

道中では暴走したロボット『セーフガード』や、荒廃した世界の征服を企む『珪素生物』などが行く手を阻むが、霧亥は何でも貫通する無敵の銃『重力子放射線射出装置』でバッタバッタと敵をなぎ倒しながら進む。

以上。
うーん説明難しいな…w
一言で言うと、ハードなサイバーパンクSF漫画です。

弐瓶勉さんの漫画作品は、作品をまたいで共通の用語が登場し、世界観の繋がりがあるような描写が多いのが特徴。
(同じ用語でも作品ごとに設定の違いがあり、物語は作品単体で完結しているので繋がっているかパラレルなのかは不明)

シドニアの騎士に登場する東亜重工や、アニメ2期に登場する(はず)の兵器『重力子放射線射出装置』も『BLAME!』や他の作品で重要な役割を果たしている。
シドニアの騎士の敵、奇居子(ガウナ)も『ABARA』で登場している。)

BLAME!のショートアニメが放送されるシドニアの騎士8話は『重力子放射線射出装置』が登場するあたりだと思うので、その兵器を説明する役割として登場するのかも。

物語では東亜重工のプロパガンダビデオ的な扱い(もしくは単純にSFアニメ番組)として登場するのかもしれないな。



まとめ。


今回のショートアニメ化は嬉しいが、BLAME!本格アニメ化始動!の布石だったらもっと嬉しいなぁ…

BLAME!は過去アニメ映画化が企画され、製作途中で企画が倒れた不遇の作品(OVAで発売されたが…)。

シドニアの騎士の成功でBLAME!にも再びスポットライトが当たるのは嬉しいな!

是非この勢いに乗ってBLAME!の本格アニメ化も期待したい!!!

おわり



シドニアの騎士 一(初回生産限定版) [Blu-ray]
キングレコード (2014-05-28)
売り上げランキング: 2,286

    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL