心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  携帯・スマホ >  郵便局が格安スマホ事業(MVNO)に参入を計画中。郵政SIM爆誕なるか!?

郵便局が格安スマホ事業(MVNO)に参入を計画中。郵政SIM爆誕なるか!?

    このエントリーをはてなブックマークに追加


郵便局が格安スマホ事業(MVNO)に参入


日本郵政グループの日本郵便が格安スマホ事業へ参入を検討していることが判明。

日本郵便:格安スマホ参入検討 15年度中 高齢者に需要 | 毎日新聞

日本郵政グループの日本郵便が格安スマートフォン事業への参入を検討していることが28日、分かった。2015年度中に事業を始める見通しで、全国約2万4000の郵便局ネットワークを生かして端末の販売やサービスを提供し、収益改善につなげる考えだ。


まさかの大物が格安SIM事業に参戦…!

既に何十社も参入している激戦市場に参入するって正気なのか…?w

しかし、全国に店舗を構える郵便局が販売にの強みは大きい。NVNOの勢力図が書き換えられる程の潜在能力はあるかも…!


・モデルケースはイオンの格安スマホ?

携帯電話大手から通信設備を借りてサービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)として参入する。スマホは、従来型携帯電話よりも毎月の料金が高い、操作が難しいなどといった理由で、高齢者への普及が若者ほどは進んでいない。日本郵便は、高齢者の利用が多い郵便局で、使い方などを説明しながら販売すれば、需要を掘り起こせると判断した。


高齢者がターゲットというと、主婦をターゲットにしたイオンの格安スマホがまず思い浮かぶ。

イオンはNVMO普及し始めた早い段階から格安SIMを提供し、格安スマホ(スマホと格安SIMのセット販売)も1番乗りで販売して成功している。

参入理由もまったく同じなので、イオンのスマホ事業の成功を見て参入を決めたのかも知れないな……w


・SIMは日本通信かIIJが有力?

郵便局がMVNOに参入と言っても、ノウハウのない郵便局がSIMを自前で用意するのは考え難く、おそらく他のMVNO業者と提携してSIMを提供する形になると予想される

他社と積極的に提携しているNVNO業者といえば日本通信の「b‐mobile」とインターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJ mio」が有名。

日本通信は日本初のMVNO業者でイオンSIMの店頭販売の実績があり、IIJもビックカメラと提携した「BICSIM」を店舗販売している実績がある。

郵政SIMもこの2社どちらかになると勝手に予想しておく。


・サポート体制大丈夫?

SIMのサポートはNVNO業者が行うとは言え、販売や手続きは店頭で行うので郵便局に新たな窓口が必要。

高齢者向けならば店頭でのサポートも手厚くなければならないので、ノウハウのない既存の郵便局員が適切にサポートするのは難しそう。

いったい人材をどう確保するのだろうか…?



郵政SIMはドコモキラーになる?NTTのジレンマが浮き彫りに。


郵政SIMで高齢者のMVNOが増える=NTTドコモの契約者がMVNOに流出すると言うこと。

電話かけ放題プランの影響で減益中のNTTドコモにダブルパンチな予感。

ただし、郵政SIMのMVNOがNTT回線ならばNTTの顧客で、さらに提携するMVNO業者がIIJだとするとIIJの筆頭株主はNTTグループ。

もしそうなるとしたら、郵政SIMはNTTの客でもあり、客を奪うライバルでもあり…NTTにとって一得一失な、もどかしい存在となることは間違いない。

(成功すればの話だけど…w)

おわり

↓関連記事もどうぞ

雑誌『デジモノステーション』の付録に格安SIM(IIJmio BICSIM)が付く!…これはお得すぎてヤバイ!




    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL