心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  PC >  【続報】マウスコンピューター1865円PC価格誤表記騒動。お詫び「新規パソコン購入15%キャッシュバック提案」更に炎上

【続報】マウスコンピューター1865円PC価格誤表記騒動。お詫び「新規パソコン購入15%キャッシュバック提案」更に炎上

   [ 2015年03月12日 02:07 ] カテゴリ:PC | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加


マウスコンピューター1865円PC価格誤表記騒動。お詫び「新規パソコン購入15%キャッシュバック提案」更に炎上

3月7日に起きたマウスコンピューターPC価格誤表記騒動に続報。

これまでの経緯は先日の記事を参照願います。

マウスコンピューターPC大決算セール1865円騒動の経緯。強制キャンセル補填無し対応で炎上


注文取り消された人を対象に「お詫びとご提案」メールが届く


価格誤表記の1865円PCは注文取り消しとなったが、3月12日購入者へ新たなメールが送られてくる。

『【重要】「MDV-GZ7560X2-SH-W7H-AP」をご注文のお客様へ、お詫びとご提案』

この度は「MDV-GZ7560X2-SH-W7H-AP」をご注文いただきましたお客様へ
多大なご迷惑をお掛けいたしました。
弊社からお詫びといたしまして、下記のご提案をさせていただきます。

*************************************************************

「MDV-GZ7560X2-SH-W7H-AP」をご注文いただきましたお客様限定

期間中に「マウスコンピューター Yahoo!ショッピング店」にて
新たにパソコンをご注文いただいた場合
===================================================
2015年3月10日 ~ 2015年4月30日 の間にご注文いただいた
パソコン本体ご購入金額から 【15%】を振込にて返金いたします
===================================================

お申込み受付期限:2015年 3月 25日(水)お申込みまで
ご購入有効期限 :2015年 3月 10日 ~ 2015年 4月 30日 ご注文分まで

※お一人様につきパソコン本体1台まで対象とさせていただきます。
※ご注文時の個人情報を破棄いたします関係上、恐れ入りますが
事前にお申込みをいただきますようお願い申し上げます。
*************************************************************



『パソコン本体ご購入金額から 【15%】を振込にて返金いたします

次回購入するパソコン1台の代金を15%をキャシュバックするという実質優待割引の提案。

このメールは購入者の怒りをさらに買うこととなり、マウスコンピューター ヤフーショッピング店の評価欄は低評価や批判が書き込みで炎上が加速する。

マウスコンピューター(mousecompute)の評価ページ | Yahoo!ショッピング



3月10日☆1の評価数は約1200件。現在(3月12日)1500件と現在も増え続けている。

主な批判理由

・購入者都合のキャンセルでは購入代金の20%がキャンセル手数料徴収されるのに、店都合のキャンセルはノーリスクとは不公平。

・キャンセル手数料の回答として「キャッシュバック20%」ならまだ分かるが、なぜ15%なのか。

・一方的に購入取り消しされたのにもかかわらず「購入ありがとうございます。あなたのおすすめの商品は・・」と言う広告メールが送られてきた。その後キャッシュバックの提案メールとは客を馬鹿にしているのか。

・お詫びと言いながら、今回の騒動で得た個人情報で、パソコンの宣伝をしているだけではないのか。

・割引ではなくあえてキャッシュバックの方法をとっているのは、3月決算の売上を盛りたいからなのではないか。

等々。


まとめ。終始煮え切らない対応だったがこれで収束か


初動対応は早かったのに購入者に対する対応は休日開けの2日後と後手後手な対応だったがこれでようやく終わりか。

今回のキャッシュバック提案メールはキャンセルのみで終わりというようなメールが届いた後、さらに翌日送られてきたもの。

今までの対応を覆してまで微妙な優待情報を発信する意味が分からない。と言うか、キャンセル顧客情報を利用して宣伝しているようにしか見えない。

一方、ネットでは今回の購入者のクレーム炎上に対して「乞食見苦しい」などの批判も多く、たしかにその趣は大きい。しかし、マウスコンピューターの対応がベストだったとも思えない。

少なくとも第二報時点で購入者向けの対応を明確にするべきだったと思うし、キャンセル料金として一人あたり購入金額の20%の373円ほど渡して終わりにしておけば、それほど炎上が続くこともなかったはず。

今回のタイミングでのキャッシュバックは購入者の神経を逆なでする炎上材料の燃料投下に等しい。

ただ、キャッシュバックは「本当にPCが欲しかった人」にとっては嬉しい対応だったと思うので、補填なしに比べればすこし救われた人も居るのでよしとするべきだろうか…?

おわり

↓関連記事もどうぞ↓
マウスコンピューターPC大決算セール1865円騒動の経緯。強制キャンセル補填無し対応で炎上


図解 プロが教える 誤解されない話し方、炎上しない答え方
山口明雄
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014-12-26)
売り上げランキング: 74,299


    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL