心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  光るペット?バイオライトのインテリア?夜光虫飼育キット「ディノ・ペット」

光るペット?バイオライトのインテリア?夜光虫飼育キット「ディノ・ペット」

   [ 2013年08月30日 01:30 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
光る恐竜をペットにできる!?発光生物を飼育・鑑賞できる「ディノ・ペット」|カラパイア
夜光虫として知られている発光するプランクトン、「渦鞭毛藻」を恐竜型の容器に入れ、
神秘的な光を鑑賞しながらプランクトンを飼育できるという「ディノ・ペット」が
資金調達サイト「Kickstarter」に登場した。既に目標金額を達成し製品化されることとなる。
恐竜型の透明プラスティックケースの中に入れられた夜光虫は、刺激を与えることで発光する。
日中は太陽の光に当てて光合成をさせる。夜光虫の寿命は約1ヶ月~3ヶ月くらいなのだそうだが、
ディノ食品(滅菌塩水+栄養素)を与えることで寿命を6か月に伸ばすことができるという。
目標金額 5万ドル(488万円)は既に達成しており、出資者はディノペットを手に入れることができる。


karapaia.livedoor.biz/archives/52138535.html




「夜光虫」といえば「赤潮」というイメージだったが、無色透明なのか…?
動画での生体発光は素晴らしく美しい。怪しげで幻想的。バイオライトのインテリアだ。
ほぼ密封のようなので匂いもないだろうし、飼育も手間いらず。
これはぜひ日本でも販売してほしい。

夜光虫は適切に飼育すれば寿命は6ヶ月程度と結構長いそうだ。
…と言ってもいづれ消耗するため、夜光虫の入れ替えは必要になる。
そこで餌(栄養)+夜光虫で販売するというビジネスモデルも目から鱗だ。
夜光虫の養殖は然るべき設備さえあれば容易に増殖可能らしい。
商品化ライン目標額も約500万円と低資金で実現できたのも目の付け所の良さだろう。
まさに発想の勝利。


    このエントリーをはてなブックマークに追加




    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL