心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  政治・経済 >  無難さを求める会社。新卒よ、『無難な人』になれ!

無難さを求める会社。新卒よ、『無難な人』になれ!

120512夜「おじいちゃんが面接と面積を言い間違えた次の日に牛乳食いに行こうって言うからついてったら案の定牛肉だった。そろそろ危ないかもれない」
    このエントリーをはてなブックマークに追加


多くの企業が求めるのは「おもしろい人」より「無難な人」|脱社畜ブログ
dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2013/09/12/210352



採用試験で常識を測るのは当たり前。
特に新卒採用の場合は、才能やスキルは未知数だ。『無難な人』が採用候補なのは納得だ。(もし、突出した才能やスキルを証明できたなら引く手数多だろうが)

『無難な人』とは何か?
見た目?学歴?若さ?真面目さ?誠実さ?向上心?コミュ入ケーション能力?ビジネスマナー?
そう、全部持ち合わせた者が『無難な人』。
最近の『無難な人』は結構ハードルが高い気がしてならない。

『就職活動なんて単なるくじびき大会みたいなもの』とある。全くその通りだと思う。
少しでも確率を上げるために『無難さ』を磨く。

確率を信じてくじを引き続ける…まさにギャンブラー魂だ。



図解 マナー以前の社会人常識 (講談社プラスアルファ文庫)
岩下 宣子
講談社
売り上げランキング: 926

    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL