心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ネット >  『ダイナミック☆洗浄バカッター破産事件』を考察してみた。

『ダイナミック☆洗浄バカッター破産事件』を考察してみた。

   [ 2013年10月21日 11:25 ] カテゴリ:ネット | CM(-)
Broken Screen
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ツイッターおバカ画像でそば店が初の破産|東スポWEB
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/196150/

学生バイトのツイッターおバカ画像がきっかけで閉店した東京・多摩市のそば店「泰尚(たいしょう)」が、9日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受け た。民間信用調査会社「帝国データバンク」東京西支店が18日に発表した。破産管財人によると負債総額は約3300万円。
(中略)
日大・板倉宏名誉教授(刑法)は「最低でも1000万円、理屈を言うと負債総額分は学生から取れると思いますが、慰謝料込みで5000万円ぐらいは取れる」と断言。
悪ふざけの代償は相当高くつきそうだ。



うまい蕎麦屋のたたみ方。
1.馬鹿そうなアルバイトを雇います。
2.馬鹿なことをさせて臨時休業します。
3.不祥事の当事者に負債を押し付けて
破産手続き


そば屋洗浄機バカッター事件の行方


『洗浄機とバイト変え営業再開しました』…ではなく破産。
え?
慰謝料込み1000万~5000万て閉店の負債も込み??
赤字経営のツケまでバカッターに払わせるの?

いや、バカッターのせいで資金繰りが出来なくなって、と事情は分かる。しかし、負債の原因は店の経営状態が招いた結果で全てバカッターが負わないといけないとは思えない。そもそも店側はバイトの管理責任が問われるのでは?店側に非は全く無いのか?

第三者が騒ぎ立ててるだけで店側の真意や事情が全く違う可能性もあるが。(備考:元記事が東スポ)
実際に1000万~5000万円の賠償請求確定するとしたら、たかが
アルバイトにそれこそ無慈悲()な仕打ちに思える。バイトで人生詰むとか怖い。

事の大きさを考えて洗浄機買い替え分くらいは払わないといけないかもしれない。
常識的に考えて100万~200万円位か。それでも大きすぎる代償だと思うが…
たぶんバカッターの星の巡りが悪かったのだろう。


バカッター叩きの主張は
ネットイナゴと老害が混ざって凄い


彼らの主張『こんな事をするのはどうしようもない馬鹿。社会にいても迷惑になるだけだから社会的に死んでくれ。』

お前らは万引き、置き引き…どころか有名人が不適切発言しただけでも『社会的に死ね』
極刑判決だろ?

そんな主張が通ったらどんなディストピアだよ。中世西洋のパンを盗んだら死刑の話を思いだす。

そりゃあ人様に迷惑かけるのは悪いよ?
相応の報いは受けないといけないが、感情論で無限に罪が重くなって行くのは怖い。
何でもかんでも『倍返しだ!』したり、されたら怖い世の中だよ。


撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ。
バカッターの人生潰してしまえとか言う人達は一緒に滅んでくれ。

社会に迷惑がかかる…『俺らの』社会って理屈。まさに老害の論理じゃね?
元から常識がある人はいない。社会のルールは社会の中で学んでいくもんだろ。

馬鹿にはリスクが有る。いつまでも馬鹿(非常識)だったら馬鹿な事して損をするリスクは増大していく…事と次第によったら死ななければいけない事だってあるかもしれない…しかしここは死ぬ所じゃないだろーとは思う。馬鹿は馬鹿なりに生きればいいと思うよ。


バカッターの代償。バカッターの末路。メシウマか??


ヤマカンさんに突撃するのは面白いけど(一言でブロックされたので見てるだけだが)
これは何か違う。ただの弱い者いじめに見える。

バカッターって故意の犯罪というよりルールさえ把握してない無知の過失だよね。
バカッターって無自覚なただのアホなんだよ。そして頭も少し可哀想なんだよ

若気の至りが許容できない。過失は認めない。失敗は許さない。我慢のならない社会人。お客様は神様?被害者は誰だ?

つい炎上に便乗しちゃって叩いちゃう人。もうちょっと考えて叩こうよ。
(バカッターを拡散したくてたまらない人の事もバカッターが騒いでると言うらしい)
バカッターを擁護したいのではないが、洗浄機はそもそも洗う道具でしょ。人が寝たら洗浄力落ちるの?食中毒起こる?最悪死ぬの?

なんか息苦しい世の中だと思うよ。こういう事件を見ると特に。


脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法
技術評論社 (2013-09-07)
売り上げランキング: 143

    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL