心の叫び魂の叫び Z

すべてのことに意味はある
心の叫び魂の叫び Z TOP  >  ゲーム >  『ゴッドイーター2』プロデューサー「外野」発言の謝罪とファンへの返答。DLC論争のゆくえ

『ゴッドイーター2』プロデューサー「外野」発言の謝罪とファンへの返答。DLC論争のゆくえ

   [ 2013年10月30日 05:16 ] カテゴリ:ゲーム | CM(-)
    このエントリーをはてなブックマークに追加



『ゴッドイーター2』プロデューサー富澤祐介氏がツイッター上でDLC無料配信についての考えを発言。「外野の方」発言(失言)がネットニュースで取り上げられ、話題が無駄に荒れることとなる。

ツイッターのタイムライン上ではやりとりが分かり難かったのでまとめておく。







問題の発言。有料DLC肯定派を「ファン」有料DLC否定派を「外野の方」と言ったっため各所で取り上げられプチ炎上することとなる。






翌日「外野の方」発言を謝罪





ファンへの返答

ファン1

ファン2





ファン3



ファン4



ファン5





外野発言の意図とは?



確かに外野はマズイかと思ったらすぐに失言として謝罪。そして冷静な返信。この人やり手だー!

「有料でも買うよ!」というファンの意見は多いが、熱狂的なファンからのコメントだけが表面化しているだけのようにも思える。そもそも今回は無料でいきますって宣言しているのに全部無料なんて厚かましい・有料でも買いますと謎同意しているファンは一体何なんだ(笑)

外野発言は謝罪したものの、今時DLC完全否定派は時代遅れという考えとも取れる。(その時代遅れが多いのがゴッドイーターのファン層だというのも皮肉な話だな。)

ビジネス的な判断でDLC無料配信にしているだけであって、DLC論争のダシに使われるのは心外と言う旨の表明をされているが、ゴッドイーターって祭り上げられるほど素晴らしいwin-winケースなんだよな。これは誇って良いと思う(笑)

そして個人的にはゴッドイーターシリーズはそ成功例で居続けて欲しいな。




    このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL